■現代版家訓「わが家のきまり」のすすめ

 近年、青少年問題の多発にともない家庭教育が重要視されています。そこで、富山経済同友会 教育問題委員会では、従来までの家庭教育のあり方を見直すため、現代版家訓ともいうべき「わが家のきまり」の作成とその実践を提唱しました。
 これは、家庭で親子のふれあいの機会を多くし、子どものしつけに一貫性をもたせ、それを身につけさせるための家庭のルールづくりです。
 ぜひ、次に掲げた例を参考にして、皆さんの家庭で「わが家のきまり」を作成し、取り組んでみてください。
こちらの様式をご活用いただくと便利です。

                 
       富山経済同友会版「わが家のきまり」(例)


 第1条    朝起きたら「おはよう」の挨拶を交わそう

 
第2条    家族団らんの食事を楽しもう

 第3条    「ありがとう」を家族でも言い合おう


 
第4条    近所との家族づきあいを大切にしよう

 
第5条    お年寄りを尊敬しよう

 
第6条    家族で地域活動に積極的に参加しよう

 
第7条    家族でその日のことを話し合おう

 
第8条    一日は「おやすみ」で終わろう




Copyright(C)2000-2013 Toyama Association of Corporate Executives All rights reserved..