News&Topics
平成30年度定時総会 (2018.4.25)

−10委員会体制で事業を推進−


 
 写真:平成30年度定時総会
●平成30年度定時総会

 4月25日(水)、平成30年度定時総会がANAクラウンプラザホテル富山で開催され、会員約220名が出席した。
 冒頭、米原蕃代表幹事が開会および退任の挨拶を行い、昭和54年の入会以来約40年間の思い出を語るとともに、役員、会員への感謝を述べた。
 総会は新田八朗代表幹事が議長を務め、@平成29年度事業報告、A平成29年度決算案、B平成30年度事業計画案、C平成30年度予算案、D新役員選任の5件について審議が行われた。平成29年度事業報告では久郷愼治常任幹事が概要報告を行い、各委員長が活動状況を説明した。また、池田安隆会計監事が平成29年度決算の監査報告を、桶屋泰三常任幹事が平成30年度事業計画の説明をそれぞれ行い、いずれも原案通り承認された。
  
 平成30年度事業計画では、前年度に引き続き10委員会体制で諸活動を推進し、経済界と教育界との連携を一層深めていくことや、人口減少問題対策として「富山おかえりプロジェクト」を継続開催していくことなどが決定された。
 役員の選任では、米原蕃代表幹事の退任、ならびに8名の新幹事の選任が承認された。
写真:石井知事
●石井知事
 写真:森市長会長
●森市長会長



 総会終了後、石井驤齦x山県知事、森雅志富山県市長会長、伍嶋二美男富山県商工労働部長を来賓にお迎えして懇親会を開催した。
 新田代表幹事の開会挨拶に続いて石井知事が来賓挨拶を行い、「首都圏在住の10代から30代の移住希望先として富山県の順位が上がっており、若年層の富山県への移住促進に更に取り組んでいきたい。また、『世界で最も美しい湾クラブ』の総会を富山県に誘致するなど県の魅力向上にも努めており、引き続き経済界とも連携して頑張っていきたい」と述べられた。
 続いて森富山県市長会長が、「具体的かつ実践的な検討を行う活発な委員会活動は地域にとって大変重要だと考える。多くの新会員を迎えての活発な活動を期待する」と述べ乾杯した。





 
 乾杯後、前年度総会以降に入会した新会員の紹介が行われた。また六次産業化委員会のプロデュースで商品化された「白えび天ぷらおむすび」がメニューとして出され、六次産業化委員会の石倉前委員長から、商品化のいきさつや商品の特徴などについて説明がなされた。
 会の終盤にはソプラノ歌手の中居遥さん、ピアニストの尾花拓音さんが彩りを添え、参加者全員で富山県ふるさとの歌「ふるさとの空」と唱歌「ふるさと」を合唱した。
 最後に麦野英順代表幹事が閉会挨拶を行い、盛会のうちに終了した。


  
写真:懇親会
●懇親会
  定時総会・退任挨拶
                                 代表幹事  米原 蕃
 写真:米原代表幹事

 本日は大変ご多用の中、多数の会員の皆様にご出席をいただき、心より御礼を申し上げます。本日の総会では、平成29年度の事業報告や平成30年度の事業計画などを審議しますので、活発な議論を宜しくお願い致します。
 さて、私は昭和54年、当時の原谷敬吾代表幹事にお誘いをいただき当会に入会して以来、40年近くお世話になってきました。幹事、常任幹事、副代表幹事を経て、平成26年の定時総会において皆様のご推挙を賜り、代表幹事に就任しました。代表幹事就任以来の4年間、また入会以来40年近くに亘って多くの方々に大変なご指導をいただき、また、多くの事を学ばせていただいたことが思い出されます。改めて皆様に心から感謝を申し上げます。
 北陸新幹線が開業して3年が経過しました。当会が中心となってきた様々な取組がなければ、今日の姿はなかったのではないかと思います。北陸新幹線、東海北陸自動車道などの交通インフラや様々な産業基盤など、富山県が着実に発展してきたことは、会員の皆様の大きな支えのお蔭だと思っております。改めて皆様に御礼を申し上げます。
 昨今、働き方改革や人口減少問題など様々な課題が山積しており、当会の各委員会で課題解決に向けた活動を行っていますが、経済界の取組なくして地域の発展はありえないと思います。これからも当会が中心となって、ますます地域の為に大きな役割を果たしていただきたいと思います。
これからは特別顧問となりますが、今後もご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、退任のご挨拶とさせていただきます。本当に長い間お世話になり、ありがとうございました。


 懇親会・開会挨拶
                                   代表幹事  新田 八朗
 写真:新田代表幹事
 
 石井富山県知事、森富山県市長会長、伍嶋商工労働部長、本日はお忙しい中ご参加いただきありがとうございます。また、米原特別顧問には長きにわたり当会に献身をいただき、そしてここ4年間は代表幹事として当会を先導いただきました。心より感謝申し上げます。
 前年度は、400名を超える会員の皆様、そして10名の委員長の皆様と様々な事業活動を展開することができました。会員数も23名の純増、とりわけ女性会員拡大小委員会の活躍もあり、11名の新たな女性会員を迎えることができました。
 先程の総会において今年度の事業計画を承認いただきましたが、引き続き、当会の設立趣意書に記されています「進歩的経済人の機関」、そして更に「行動する経済人」として、今年度も活動していきたいと考えています。
 AI、ビッグデータなどの言葉が新聞紙面に載らない日はありません。そしてWebやSNSで簡単にコミュニケーションがとれる時代ではありますが、膝を突き合わせて話したいことやコッソリしたい内緒話もあります。懇親会の場がそのような濃密な情報交換の場となることを期待しています。


   懇親会・閉会挨拶
                                  代表幹事  麦野 英順
写真:麦野代表幹事
 
 石井知事、森市長会長、伍嶋部長にはお忙しい中ご出席いただき、誠にありがとうございました。
 本日改めて感じましたが、これだけ多くの経営者の方々が集まる会は他にないと思います。当会の会員は418名になり、全国の同友会の中でも有数の規模になっています。皆様が団結して富山を盛り上げていくという気持ちに変わりはないと思います。心を一つにして、ふるさと富山の発展、そして元気富山の創造に向けて頑張っていきましょう。




Copyright(C)2000-2018 Toyama Association of Corporate Executives All rights reserved.