News&Topics

  猛暑に負けない「夏の風物詩」 ~打ち水大作戦~
(2018. 7. 30)

  環境問題委員会(舘直人委員長)は、7月30日(月)、富山駅北のブールバール(アーバンプレイス前)において打ち水を実施した。この取組みは、第7次委員会の提唱に基づき、夏の風物詩をよみがえらせることにより地球温暖化防止への意識啓発につなげようと、平成17年から継続して実施しており、今回で14回目。今回も若林商店より会社の屋上緑化や冬の融雪に使用している井戸水300リットルを、久郷一樹園よりバケツ・ひしゃく等の資機材をご協力いただいた。  
気温下がるかな~?
 
上手に打ち水できました!

 新田八朗代表幹事、牧田和樹副代表幹事をはじめ、舘直人環境問題委員長や同委員会メンバーのほか、周辺企業や近隣のなでしこ保育園の年長組の皆さんらあわせて約50名が参加した。新田代表幹事の挨拶の後、舘委員長の号令でかけ声で一斉に打ち水を開始。35度だった温度計が5分ほどで2.2度下がって32.8度となり、その効果を確認することができた。 
 

Copyright(C)2000-2018 Toyama Association of Corporate Executives All rights reserved.