活動報告

ACTIVITY

Activity

  1. ホーム

  2. 2020年度定時総会 -新代表幹事に塩井保彦氏-

2020.04.21
イベント

2020年度定時総会 -新代表幹事に塩井保彦氏-

4月21日(火)、2020年度定時総会がANAクラウンプラザホテル富山で開催された。当日はコロナウイルス感染症拡大防止対策の為、会員の皆さまに書面表決を推進し、出席者7名、書面表決採用者360名にて審議が行われた。なお当日は3つの密(密閉、密集、密接)対策を行い、会場への入室前に検温、消毒を行うなど細心の注意を払って実施した。

総会の様子

冒頭、麦野英順代表幹事が開会の挨拶を行い、新田八朗代表幹事が総会議長を務め、①2019年度事業報告、②2019年度決算案、③2020年度事業計画案、④2020年度予算案、⑤新役員選任の5つの議案について審議が行われ、全ての議案について賛成多数により承認された。

麦野代表幹事

2019年度事業報告では塩井副代表幹事が概要報告、活動状況の説明を行った。また、事務局より2019年度決算の監査報告について説明があり、牧田和樹副代表幹事が2020年度事業計画を説明し、いずれも原案通り承認された。

牧田副代表幹事

2019年度事業報告では塩井副代表幹事が概要報告、活動状況の説明を行った。また、事務局より2019年度決算の監査報告について説明があり、牧田和樹副代表幹事が2020年度事業計画を説明し、いずれも原案通り承認された。

2020年度事業計画では、新型コロナウイルス感染症拡大に対しての企業の働き方改革を推進すべく、「働き方改革委員会」と「企業経営委員会」(経営・CSR委員会を名称変更)を両輪で改革推進したいとした。また、「人財創出委員会」では昨年初開催した留学生交流イベント「TOYAMA KATARAI CAFE」を始めとした人材確保に向けた取組みを引き続き強化していくこととした。
委員会編成については、六次産業化委員会は一定の役割を終えた為、廃止し、環境問題・会員増強委員会は企画総務委員会に集約することとした。
なお、企画総務委員会はSDGsを推進するとともに、来年度迎える設立60周年に向けた検討を行っていくことが決定された。

役員の選任では、新任の代表幹事に、塩井保彦氏が選任された。このほか、新たに桶屋泰三氏が副代表幹事に、池田安隆氏、石坂兼人氏の両名が常任幹事に、板谷聡氏が会計監事に就任することが決議された。なお、牧田副代表幹事は運営専務に選任、あわせて新田氏の代表幹事退任と特別顧問就任、ならびに9名の新幹事選任が承認された。
最後に新田代表幹事から退任の挨拶、その後塩井新代表幹事、桶屋新副代表幹事からそれぞれ就任の挨拶があった。そして、最後に事務局長交代の報告があり会を終了した。

 

開会挨拶 麦野 英順

現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっておりますが、その影響の長期化は免れないだろうというのが一般的であります。このような時に成すべきことは、まず、苦難を乗り切るために全力をつくすこと、そしてこの先の将来を見据えて、「今、何ができるのか」「今、何をしなければならないか」を考え準備していくことで、将来企業間格差がつくと考えます。
富山経済同友会の本年度の活動では、「ポスト・コロナ」について調査分析し、対応策を検討していきたいと考えています。
今日の定時総会は会員の皆様に書面表決のご協力をいただきました。事前集計は完了しておりますが、この会議はきちんと執り行いたいと考えておりますので、本日はよろしくお願い致します。

 

退任挨拶 新田 八朗

この総会終了時をもって代表幹事を退任し特別顧問に就任することとなりました新田でございます。本日は新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、参加者数名のコンパクト総会となりましたので、みなさまのお許しを得て個人的な感想を述べさせていただきます。
私と父(元当会代表幹事 新田嗣治朗)は38歳の年齢差があります。これまで、富山青年会議所の理事長には父の34年後、日本海ガスの社長には40年後、富山ロータリークラブ会長には48年後といずれも父のあとを追ってほぼ40年前後あとに就任してきました。その中で、富山経済同友会の代表幹事には父の28年後とけっこう早めのタイミングでの就任となりました。少しばかり父を追い抜けたのかな、と思ったりしました(笑)。
一身上の理由で代表幹事在任3年という短い期間での退任となりましたが、常に150%のエネルギーを傾けて務めてきたという自負がありますので思い残すことはありません。会員の皆様とともに本当に密度の高い時間を過ごすことができました。
今後は特別顧問として少しでも当会のお役に立てるよう努力してまいります。新しい執行部のもと、ますますの発展を心から祈念申し上げ退任の挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。

 

代表幹事就任挨拶 塩井 保彦

本日、正式に代表幹事にご選任賜りました塩井でございます。
同友会に入会し、20年近くの年月が経ちました。その間に様々な委員会活動に携わり、また色々な役職を経験させていただきました。その間、いろいろな会員との交流、そして全国の同友会との交流を通じて、私自身大いに勉強させていただき、また役立たせていただきました。
今般の誰もが経験したことのない新型コロナウィルス禍の状況の中、会員の皆様と一緒に今後の新しい富山の経済をどのように創り出していくのか、また同友会として果たすべき役割についてどのように示していくのかを麦野代表幹事、牧田副代表幹事、桶屋副代表幹事としっかりと協議し、会員の皆様のご協力をいただきながら、進めて参りたいと考えております。
皆様、宜しくお願い申し上げます。

 

副代表幹事就任挨拶 桶屋 泰三

この度、副代表幹事という大役をお受けさせていただくことになりました。麦野、塩井両代表幹事の意を汲んで、精一杯努力させていただきたいと考えております。
また、代表幹事、常任幹事、幹事の皆様との連携、意見調整など調整役も積極的にさせていただき、富山経済同友会が益々発展し地域での存在感を一層高められるよう、精一杯取り組んでいきたいと考えております。
同友会発展のため、少しでも皆様のお役に立ちたいと思っておりますので、宜しくお願い申し上げます。